Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リサイクルされる「ランサムウェア」 - リーク件数は1.5倍に

WithSecureは、ランサムウェアのリークサイトにおける掲載件数が約1.5倍に拡大しているとの調査結果を取りまとめた。攻撃グループの分裂や情報漏洩により、あらたなグループも誕生しており予断を許さない状況となっている。

20231124_ws_001.jpg
グループごとのリーク情報数。約2割を占める「LockBit」が最多だった(グラフ:WithSecureの発表をもとに独自に作成)

データを暗号化したり、データを窃取して脅迫行為を行うランサムウェアについて、同社が2023年第1四半期から第3四半期までの動向を調査し、結果を取りまとめたもの。

同時期にランサムウェア攻撃グループが公開したデータのリーク件数は3822件。前年同期の2538件から約1.5倍へと大幅に増加した。リークサイトに支払いに応じた組織は掲載されないため、さらに多くの組織が被害に遭っていると見られる。

攻撃グループの割合を見ると、「LockBit」が20.7%で最多。「Clop(torrents経由含む)」が16.3%、「Alphv(BlackCat)」が8.8%、「8Base」が5.2%と続いた。

60あるグループのうち、調査対象期間において毎月攻撃を展開していたグループは、わずか6グループだったという。

リークサイトに掲載された約25%が、2023年に活動を開始したランサムウェアグループによるものだが、29の新興グループのうち、14はすでに消滅したり、活動を停止するなど激しい動きを見せている。

20231124_ws_002.jpg
リーク件数は後半に向けて増加傾向が見られた。主要な攻撃グループであっても時期によって活動量が異なることがわかる。(グラフ:WithSecureの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2023/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性