Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事業関係者の個人情報含む書類を宅配業者が紛失 - 国交省

国土交通省は、26人分の個人情報含む書類が、発送を委託した宅配業者において所在不明になっていると発表した。

九州地方整備局大隅国道河川事務所が発送した書類の所在がわからなくなっているもので、事業関係者26人の氏名、住所などの個人情報が記載されていた。

同省によれば、8月13日に書類の送付を宅配業者に依頼したが、27日になって同業者から連絡があり、書類が届いていないことが判明したという。

書類に記載された情報の外部流出は確認されていない。同事務所では関係者に対し、謝罪と説明を行っている。

(Security NEXT - 2009/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客のメアド含むファイルを誤ってメールに添付 - ブランディア
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - サイサン
クレカ売上票が運搬過程で所在不明に - 岡山の旅行代理店
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
配送中に個人情報含むPCが所在不明に - 三菱地所グループ会社
妊婦の健康診断受診票466件を誤って廃棄 - 香取市
クレカ情報約10万件が流出、270枚が不正利用被害 - テレコムスクエア
宅配中に顧客カードの盗難が発生 - ワタミグループ会社
顧客情報やカード情報含む購入申込書を紛失 - ウォーターサーバ販売会社
フランチャイズ店舗で顧客情報入りPCが盗難 - 壱番屋