Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、SMBの脆弱性でアドバイザリを公表 - パッチを準備中

マイクロソフトは、「Microsoft Server Message Block(SMB)」のプロトコル実装において見つかった脆弱性についてアドバイザリを公表した。同社では詳細について調査を進めている。

今回見つかった脆弱性が悪用された場合、リモートでサービス拒否を発生させることが可能だという。マイクロソフトでは、脆弱性を悪用する動きは確認していないとしているが、脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの開発を進めており、一定の品質が確保できた時点で公開する予定。

一部専門家は、最新OSである「Windows 7」に対して影響を及ぼすと指摘していたが、マイクロソフトでは、アドバイザリに同OSを含めておらず、「Windows Vista」や「Windows XP」「Windows Server」など対象としている。

SMBの脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/975497.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性