Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボット収集による検体種類が1年間で約6分の1に - CCCまとめ

サイバークリーンセンター(CCC)は、7月のボット検知状況を取りまとめた。収集検体総数は減少傾向にある一方、7月上旬に未知検体の配布が増加した。

同センターによれば、ハニーポットなどを利用して収集した7月のボット収集総数は32万1768件で、6月の36万7081件を下回った。2カ月連続で減少しているが、4月の25万3644件と比較すると依然として高い水準が続いている。

重複を除く同定検体数は1万7090件で、6月の1万9106件から減少。ウイルス対策ソフトで検知できない未知検体数も325件と、前月の854件から大きく後退した。

収集数が減っている理由として同センターでは、上旬に海外特定サイトから未知検体の大量配布が確認されたものの、月末に収集量が大幅に減少したためと分析している。

収集検体の種類数についても同様の傾向で、内部増殖型のファイル感染型ウイルスを見ると、2008年7月は約6万種類発生していたが、現在は約1万まで落ち着いた。一方でウイルス対策ソフトで検出されない検体の割合が前月の7%から16%に急増している。

検体種類別ランキングでは、「BKDR_VANBOT.RG」がトップ。2位が「PE_VIRUT.AV」だった。これら上位2検体で全体の4分の1強を占めている。

いずれも接続先は同じIRCサーバで、接続後は3位にランクインしている「WORM_PALEVO.AK」をダウンロードし、さらにFTPでマルウェアを転送される仕組みだという。

4位の「WORM_KOLAV.CV」と5位の「BKDR_VANBOT.AHH」も同じ特定のIRCサーバに接続し、同じように「WORM_PALEVO.AK」がダウンロードするものだった。

(Security NEXT - 2009/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か