Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フレッシュ」な個人情報取得にIMを活用するサイバー犯罪者

RSAセキュリティは、7月のフィッシング詐欺やネット上の脅威に関する記者説明会を開催した。

説明会には、同社マーケティング統括本部で本部長を務める宮園充氏が登壇し、現状について解説した。同氏によれば、7月のフィッシング詐欺の状況は、6月の1万3021件から微増し、1万3212件に達した。過去12カ月間における最高値となり、2008年の13万5374件を上回るペースで推移している。

090828rs.jpg
宮園氏

ターゲットとされた企業は188社だが集中敵に同一のブランドを攻撃するケースが増えており、6回以上攻撃を受けた企業が45%に上っている。国内でホストされたサイトは、26件で前回調査の9件から約3倍と急増した。

(Security NEXT - 2009/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず