Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学習塾講師の応募者情報が流出の可能性 - MAXISホールディングス

学習塾「明光義塾」を運営するMAXISホールディングスは、講師公募者の個人情報がインターネット上から流出した可能性があると発表した。

応募者が別の応募者情報について閲覧できる状態だったもの。同社によれば2006年11月から2009年8月17日まで氏名、学校名、電話番号、メールアドレスなど最大453人分の個人情報が閲覧可能だったという。

同社が講師を募集したウェブサイトの設定に不備が原因で、個人情報流出による被害などの報告はないと説明している。

(Security NEXT - 2009/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府