Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学習塾講師の応募者情報が流出の可能性 - MAXISホールディングス

学習塾「明光義塾」を運営するMAXISホールディングスは、講師公募者の個人情報がインターネット上から流出した可能性があると発表した。

応募者が別の応募者情報について閲覧できる状態だったもの。同社によれば2006年11月から2009年8月17日まで氏名、学校名、電話番号、メールアドレスなど最大453人分の個人情報が閲覧可能だったという。

同社が講師を募集したウェブサイトの設定に不備が原因で、個人情報流出による被害などの報告はないと説明している。

(Security NEXT - 2009/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン