Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンコインのセキュリティ教本「情報セキュリティ読本」が改訂 - ウェブ経由の攻撃など新事例を追加

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティの教則本「情報セキュリティ読本 三訂版」を発刊する。8月10日より全国書店で発売予定。

同書は、企業や教育機関、地域コミュニティなどにおけるユーザーのセキュリティ教育のための教則本としてまとめられたもの。

情報セキュリティの基礎や脅威への対策法、情報セキュリティ関連の法律や制度などについて解説。今回の三訂版では、2006年11月に発行された改訂版の内容を見直し、近年のセキュリティ環境の変化に合わせた内容変更や事例の追加などが行われた。

ウェブサイトを狙った攻撃やフィッシング詐欺、金融取引被害など新しい事例を掲載したほか、脆弱性を悪用した攻撃として「DNSキャッシュポイズニング」や「SQLインジェクション攻撃」の説明を追加。また、情報リテラシーと情報倫理の項を追加し、用語集に新しい用語を掲載するなど、大幅に変更された。価格は500円。

(Security NEXT - 2009/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA、「情報セキュリティ白書2016」を発売 - 8月に電子書籍版も
あのセキュリティKindle本を半額で - アマゾンが期間限定セール
マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開
大人も学べる学習マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」 - ネット公開も予定
「情報セキュリティ白書2015」が登場 - IoTや標的型攻撃の話題も
ブックスキャン、電子化書籍の違法公開を監視 - 著者や出版社に情報提供
【書籍】セキュリティの課題を多角的に解説した「サイバーセキュリティ」
【書籍】他人事ではないサイバー犯罪の裏側を描いた「サイバークライム」
【書籍】実例から高度なバグ発見技術を学べる「Bugハンター日記」