Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、AIの最新動向を網羅的に解説した「AI白書2020」を3月2日より全国の書店で発売する。3月中旬には電子書籍を発行する予定。

同書は、AIの技術動向や利用動向、制度政策の動向などを解説したもの。国内541社におけるAI利用動向調査の結果を踏まえ、AI導入における課題や、実装の推進に向けた取り組みなどを、企業の経営層や現場のビジネスパーソン向けに解説している。

また同書では、AIの技術を「認識」「理解」「学習」「判断」「予測」「言語」「知識」「身体」「創作」の9つに分類。それぞれで「概要」「おもな技術」「最新技術動向」を解説した。

概要として初心者にわかりやすく説明する一方、最新技術動向は専門家向けの内容を収録している。536ページで書籍版の価格は税別3800円。ISBNは「978-4-04-911034-0」。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
総務省、2019年版「情報通信白書」を発行 - 電子書籍やアプリでも
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA、「情報セキュリティ白書2016」を発売 - 8月に電子書籍版も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
「情報セキュリティ白書2015」が登場 - IoTや標的型攻撃の話題も