Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

難病患者の個人情報約5万件含むMOが所在不明に - 千葉県

市原健康福祉センターが千葉県の疾病対策課に宛てに発送した難病患者の個人情報含むMOが、所在不明になっていることが明らかになった。

紛失したのは、難病患者の個人情報5万869件が記録されていたMOで、患者の氏名、住所、電話番号、生年月日のほか、疾患名、医療機関名、重症開始基準日、保険種別、介護保険コードなどが含まれる。

市原健康福祉センターでは、7月2日に職員2人の立会いのもと、緩衝シートとダンボール片で保護した状態で特定疾患医療受給者票交付申請書類とともにダンボール箱に入れ、ゆうパックで発送したという。

一方疾病対策課では受領しておらず、紛失が判明した7日から9日にかけて捜索したが発見できなかった。郵便局にも確認を行ったが、郵送中の破損によりMOが箱から落ちるなどの事故は発生していないという。

同県では対象となる患者に説明と謝罪を行うとともに、今後不審な問い合わせなどが発生した場合には最寄りの保健所へ連絡するよう注意喚起を行うとしている。また今回の事故を受け、患者情報は職員が直接持参すること、および暗号化によるセキュリティ対策などを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2009/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市