Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報インシデントは過去最高の1373件 - 小規模事故の公表進む

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、個人情報漏洩事件の発生状況について調査し、「2008年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」として取りまとめ、発表した。

同調査は、新聞やインターネットで報道された個人情報関連インシデントについて同協会WGが調査を実施しているもので、今回で7回目。

同報告書によれば、インシデント件数は前回調査から509件増加し、1373件と過去最多を記録したという。一方漏洩人数は、2007年の3053万1004人分から大きく減少し、723万2763人分と2005年以降最低となった。想定損害賠償総額は2367億円で、前回跳ね上がった2兆2711億円から減少している。

業種としては、181件から469件へ増加した公務が全体の34.2%でトップ。事故について公表するケースが増えたことが影響したと同協会では分析している。教育関連の13%、金融・保険が11.6%と続いている。

原因については件数ベースで見ると誤操作がトップで35.2%。次いで22.2%の管理ミスだった。一方人数ベースだと管理ミスが68.9%と最も多く、不正アクセスが12%が続いている。漏洩件数のインシデントのトップ10のうち、8件も管理ミスが原因だった。

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱