Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SecureCube/Access Check」を機能強化、HTTPS暗号化通信の監査が可能に

NRIセキュアテクノロジーズは、アクセス制御、監査ツール「SecureCube/Access Check」を機能強化し、6月1日より発売する。HTTPSによる暗号化通信のアクセス制御、監査に対応した。

同製品は、サーバとクライアントPCの間に設置するプロキシ型のアクセス制御、監査ツール。各サーバ上で個別のIDとパスワードを発行せずに、複数サーバへのアクセスをユーザーごとに制御できる。

従来製品では「TELNET」や「SSH」「FTP」「HTTP」による通信内容の取得やログ監査が可能だったが、最新版では、HTTPSの暗号化通信に対する監査機能を追加。復号および暗号化処理を実装することで、通信内容の取得やログ監査が可能になった。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供