Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内部からのハッキングを自動遮断する韓Handreamnet製スイッチ - 日商エレクトロニクス

日商エレクトロニクスは、ASICベースのセキュリティチップを搭載した韓Handreamnet製L2セキュリティスイッチ「SGシリーズ」を発売した。

同製品は、DoS攻撃やARPスプーフィング、ネットワークスキャン、IP電話の盗聴など、内部からのハッキングをリアルタイムに検知し、自動で遮断できるなどセキュリティ機能を搭載したスイッチ。

監視サーバや エージェントなど導入せずに利用でき、またネットワークループを自動で遮断する機能も搭載した。ユーザーの誤使用や不注意によるネットワーク障害を防止する。また、頻繁なパターンファイルの更新作業やメンテナンスが不要。定義ファイルに依存せず、新種のワームによる攻撃にも対応できるという。

また専用の監視ソフト「Visual Node Manager」によるレポート機能で原因ポートの特定や攻撃の類型分析、感染ホスト別の分析できる。価格は、29万8200円から。

(Security NEXT - 2009/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
「NIRVANA-R」がSyslog対応 - アラート発行でパケットキャプチャ
ウォッチガードとパイオリンク、感染端末を遮断する新ソリューション
テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品
ディアイティ、「NIRVANA改」の商用版 - 自動防御機能を搭載
「ほこ×たて」勝利のサカエ、裁断面積2.5ミリの新シュレッダー
「NIRVANA改」がさらに進化、マルウェアの挙動や異常通信から自動保護
大塚商会、スイッチ機器の中小企業向け運用代行サービス