Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品

テリロジーは、ネットワーク機器の設定ミスを検知する米RedSealのセキュリティソリューションを12月14日より販売開始する。

「サイバーセキュリティ分析プラットフォーム」は、米RedSeal製のソフトウェア。サイバー攻撃の狙い目となりうるネットワーク機器の設定ミスを検知することが可能。また機器の設定情報からネットワーク全体のアクセス経路を可視化できる。

ルータやスイッチ、ファイアウォール、ロードバランサなどネットワーク機器の設定ファイルをインポート。各ベンダーが推奨するチェック項目と照合することで、人為的なミスや不具合などを検知することができる。

1カ月限定使用のワンタイム版ライセンス、1年間限定使用のコンサルティング版ライセンス、買取りのパーマネント版ライセンスの3種類を提供。同社では、初年度で5000万円の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園