Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品

テリロジーは、ネットワーク機器の設定ミスを検知する米RedSealのセキュリティソリューションを12月14日より販売開始する。

「サイバーセキュリティ分析プラットフォーム」は、米RedSeal製のソフトウェア。サイバー攻撃の狙い目となりうるネットワーク機器の設定ミスを検知することが可能。また機器の設定情報からネットワーク全体のアクセス経路を可視化できる。

ルータやスイッチ、ファイアウォール、ロードバランサなどネットワーク機器の設定ファイルをインポート。各ベンダーが推奨するチェック項目と照合することで、人為的なミスや不具合などを検知することができる。

1カ月限定使用のワンタイム版ライセンス、1年間限定使用のコンサルティング版ライセンス、買取りのパーマネント版ライセンスの3種類を提供。同社では、初年度で5000万円の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
「Apache HTTPD」のアップデートで旧脆弱性が再発 - 再度更新を
「CTF for Girls」の申込者情報が閲覧可能に - フォーム設定ミスで
オーディション応募者の情報流出、対象範囲が拡大 - Brave group