Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意

トレンドマイクロは、SDNと連携するセキュリティ対策ソリューション 「Trend Micro Policy Manager 2.5」を、8月初旬より提供開始する。

同製品は、「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」をセンサーとして使用し、検知した脅威情報などのインシデント情報に基づいて、SDNコントローラやスイッチよりネットワークを動的に制御するソリューション。

今回あらたに汎用の制御APIを用意。従来のNECにくわえ、APRESIA Systemsやアラクサラネットワークスの製品との連携に対応した。今後は、富士通との連携ソリューションも提供する予定。

制御対象ノード数が1000から1999のネットワークで使用する場合、1年間の料金は259万2000円。対応するSDN関連機器との接続用プラグインが含まれる。

(Security NEXT - 2017/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
「APIセキュ診断」に設計面からレビューする新メニュー
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供