Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けISPサービス利用者向けにセキュリティ対策サービス - ケイ・オプティコム

ケイ・オプティコムとマカフィーは、ケイ・オプティコムの法人向けISPサービスユーザーに「クライアントセキュリティサービス」の提供を開始した。月額利用料は6300円。

「クライアントセキュリティサービス」は、企業内のクライアントPC向けセキュリティ対策サービス。マカフィーのデータセンター内にあるウイルス管理サーバを利用し、パターンファイルの更新情報など一元管理することが可能。

PCがピアツーピアでアップデータをネットワーク内で共有する「Rumor技術」を採用しており、情報更新時におけるネットワークリソースの消費を押さえつつ、最新の状態に保つことができるという。

(Security NEXT - 2009/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック