Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けISPサービス利用者向けにセキュリティ対策サービス - ケイ・オプティコム

ケイ・オプティコムとマカフィーは、ケイ・オプティコムの法人向けISPサービスユーザーに「クライアントセキュリティサービス」の提供を開始した。月額利用料は6300円。

「クライアントセキュリティサービス」は、企業内のクライアントPC向けセキュリティ対策サービス。マカフィーのデータセンター内にあるウイルス管理サーバを利用し、パターンファイルの更新情報など一元管理することが可能。

PCがピアツーピアでアップデータをネットワーク内で共有する「Rumor技術」を採用しており、情報更新時におけるネットワークリソースの消費を押さえつつ、最新の状態に保つことができるという。

(Security NEXT - 2009/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」