Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークはアプリ脆弱性狙いの攻撃や新手ワンクリック詐欺に注意

トレンドマイクロは、ゴールデンウィーク前後におけるセキュリティ対策を呼びかけている。

同社は、ゴールデンウィークを迎えるにあたり、期間中にPDFや文書ファイル、Flash動画を閲覧する機会が増加すると分析。日ごろより脆弱性を狙った攻撃が発生していることから、アプリケーションが最新の状態になっているか確認することが必要と指摘した。

また行事や長期休暇に便乗した迷惑メールが増加する可能性についても触れ、なかでも「ワンクリック詐欺」のあらたな手口が確認されているとして注意喚起を行っている。

そのほか同社では以下の6点について対策を呼びかけている。

・Windows Updateによるセキュリティホール対策の確認
・セキュリティ対策ソフトに最新定義ファイルが適用されているか確認
・USBメモリの利用をはじめ休暇中の業務における組織の規定の遵守
・メール内のURLや添付ファイルに対する注意
・パソコン持ち出し時の紛失や盗難対策
・休暇後のセキュリティアップデート

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
町内会や同窓会など名簿作成時の注意点は? 政府が紹介動画
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状