Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークはアプリ脆弱性狙いの攻撃や新手ワンクリック詐欺に注意

トレンドマイクロは、ゴールデンウィーク前後におけるセキュリティ対策を呼びかけている。

同社は、ゴールデンウィークを迎えるにあたり、期間中にPDFや文書ファイル、Flash動画を閲覧する機会が増加すると分析。日ごろより脆弱性を狙った攻撃が発生していることから、アプリケーションが最新の状態になっているか確認することが必要と指摘した。

また行事や長期休暇に便乗した迷惑メールが増加する可能性についても触れ、なかでも「ワンクリック詐欺」のあらたな手口が確認されているとして注意喚起を行っている。

そのほか同社では以下の6点について対策を呼びかけている。

・Windows Updateによるセキュリティホール対策の確認
・セキュリティ対策ソフトに最新定義ファイルが適用されているか確認
・USBメモリの利用をはじめ休暇中の業務における組織の規定の遵守
・メール内のURLや添付ファイルに対する注意
・パソコン持ち出し時の紛失や盗難対策
・休暇後のセキュリティアップデート

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を