Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の遠隔診断サービスを地方公共団体へ無償提供 - KCCS

京セラコミュニケーションシステムは、地方公共団体を対象に「情報セキュリティ遠隔診断」を、6月1日から9月30日までの期間限定で無償提供する。

同サービスは、脆弱性管理ポータル「SecureOWL」を使用した脆弱性診断サービスで、地方公共団体を対象に期間限定で無償提供するもの。24時間体制で遠隔診断を行うことが可能で、脆弱性の有無や対処方法などがまとめられた診断結果を提供する。

OSやアプリケーションの脆弱性診断のほか、設定の不備やウイルス感染についても診断も行う。診断対象となる脆弱性は約7000種類で、1500種類以上のOS、ネットワーク機器および5500種類以上のアプリケーションに対応している。利用者の1次募集は5月31日まで。

(Security NEXT - 2009/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応