Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市税の納付済証明書16件が所在不明に - 茅ヶ崎市

茅ヶ崎市は、市税の「納付済証明書」16件が、収納業務を委託している金融機関において所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、法人4社、個人9人の「納税済証明書」。氏名、通知書番号、納税額が記載されており、法人分の通知書には所在地の住所も含まれる。2月20日、市税を収納した三井住友銀行東京公金センターが、横浜銀行茅ヶ崎支店へ通知書を郵送。しかし同支店では受領を確認できず、所在不明となった。

同市では、対象となる法人および個人に説明と謝罪を行い、通知書の原本を利用して収納済の事務処理を行った。今後は、金融機関の間で書類を郵送する際には、すべて書留郵便で行うとしている。

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry