Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急対応時のトレーニングに活用できるNIST資料を翻訳 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行したIT能力向上のトレーニングや演習などについて解説した資料を翻訳し、提供を開始した。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同でNISTなどの資料について翻訳し、成果を一般向けに公開しており、今回、2006年9月に発行された「IT計画およびIT対応能力のためのテスト、トレーニング、演習プログラムのガイド(SP 800-84)」について提供を開始したもの。

同文書では、組織内部の個人における情報セキュリティインシデントへの対応能力向上を目指したトレーニングやテスト、演習についてまとめた。こうしたプログラムを設計、作成、実施、評価する責任者を支援する内容となっている。

(Security NEXT - 2009/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
CSA、IoTの「攻撃シナリオ」と「対策」まとめた資料を公開
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
政府、組織向けに標的型攻撃対策の解説資料 - 「人、組織対策」と「技術的対策」を解説
ID-based Securityイニシアティブが発足
自動車セキュリティの取組ガイドに改訂版 - 製造工程での脅威対策を追加
保有件数5000件以下の中小企業向けにサポートページ - 個人情報保護委
標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア