Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急対応時のトレーニングに活用できるNIST資料を翻訳 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行したIT能力向上のトレーニングや演習などについて解説した資料を翻訳し、提供を開始した。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同でNISTなどの資料について翻訳し、成果を一般向けに公開しており、今回、2006年9月に発行された「IT計画およびIT対応能力のためのテスト、トレーニング、演習プログラムのガイド(SP 800-84)」について提供を開始したもの。

同文書では、組織内部の個人における情報セキュリティインシデントへの対応能力向上を目指したトレーニングやテスト、演習についてまとめた。こうしたプログラムを設計、作成、実施、評価する責任者を支援する内容となっている。

(Security NEXT - 2009/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
やってはいけない脆弱性情報の取扱とは? - IPAが解説動画
IPA、情報セキュリティ10大脅威の簡易説明資料を公開
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
ID-based Securityイニシアティブが発足
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も