Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急対応時のトレーニングに活用できるNIST資料を翻訳 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行したIT能力向上のトレーニングや演習などについて解説した資料を翻訳し、提供を開始した。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同でNISTなどの資料について翻訳し、成果を一般向けに公開しており、今回、2006年9月に発行された「IT計画およびIT対応能力のためのテスト、トレーニング、演習プログラムのガイド(SP 800-84)」について提供を開始したもの。

同文書では、組織内部の個人における情報セキュリティインシデントへの対応能力向上を目指したトレーニングやテスト、演習についてまとめた。こうしたプログラムを設計、作成、実施、評価する責任者を支援する内容となっている。

(Security NEXT - 2009/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
脆弱性の影響を可視化できるOSS「Vuls」を解説 - IPA
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市