Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHKボット特集番組の影響でCCCにアクセスが集中 - サーバや回線増強も追いつかず

総務省と経済産業省が共同で運営しているボット対策ポータル「サイバークリーンセンター」へのアクセスが集中している。

19日にNHKで放映されたクローズアップ現代で「ボット」特集を放映したのが影響と見られており、アクセスが集中することにより、接続に遅延などが発生している。

同センターでは、回線やサーバを増強して対応を進めているが、20日に入ってからもアクセスが困難な状況が続いるという。同センターでは、数時間おいてアクセスするよう呼びかけている。

番組では、対策を行っていなかった老夫婦がボットに感染し、攻撃に利用されていた事例や、攻撃が企業や国家を脅かす問題になっていることを解説。また無料でボット対策ツールを配布するCCCを紹介した。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う