Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHKボット特集番組の影響でCCCにアクセスが集中 - サーバや回線増強も追いつかず

総務省と経済産業省が共同で運営しているボット対策ポータル「サイバークリーンセンター」へのアクセスが集中している。

19日にNHKで放映されたクローズアップ現代で「ボット」特集を放映したのが影響と見られており、アクセスが集中することにより、接続に遅延などが発生している。

同センターでは、回線やサーバを増強して対応を進めているが、20日に入ってからもアクセスが困難な状況が続いるという。同センターでは、数時間おいてアクセスするよう呼びかけている。

番組では、対策を行っていなかった老夫婦がボットに感染し、攻撃に利用されていた事例や、攻撃が企業や国家を脅かす問題になっていることを解説。また無料でボット対策ツールを配布するCCCを紹介した。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
CSA、IoTの「攻撃シナリオ」と「対策」まとめた資料を公開
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し