Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、セキュリティ診断サービスの販路にアマゾンを採用 - 価格もより手ごろに

ラックは、オンラインストア「Amazon.co.jp」を通じて、ウェブアプリケーションのセキュリティ診断サービス「Webセキュリティ診断・初診コース」を提供すると発表した。

同サービスは、「SQLインジェクション攻撃」と「クロスサイトスクリプティング」に特化した脆弱性の診断サービスで、1月20日より販売を開始している。1サイト最大10URLまで対応しており、重要インシデントの9割弱を占める2種類の攻撃に診断内容を特化することで提供価格を抑えた。

今回、販路に「Amazon.co.jp」を採用することで、クレジットカードによる決済など申し込みの効率化を実現。価格についても、同サイト経由については通常6万3000円のところ5万円とより低価格に設定した。また報告会オプションが付属するサービスについても、通常9万8000円のところ、8万5000円で提供される。

(Security NEXT - 2009/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応