Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不具合が見つかったSeagateのHDDユーザーにオンラインストレージを無料提供

データ復旧センターは、Seagate製ハードディスクにファームウェアに不具合が見つかったとして、ユーザーを対象にオンラインストレージ「Weback」を1カ月間無料で提供するサービスを開始した。

Seagate製のBarracuda 7200.11、Barracuda ES.2 SATA、DiamondMax 22、SV35シリーズにおいて、ファームウェアのバグにより故障が発生する可能性が判明しており、BIOSで突然認識されなくなる可能性があるなど不具合が明らかになっている。

同社では対象となるユーザーに対しオンラインストレージ「Weback」を1カ月間無料で提供するもの。無料アカウント発行フォームにアクセスしてユーザー登録を行い、専用アプリケーションをダウンロードすることで、 5Gバイトのオンラインストレージが利用できる。

(Security NEXT - 2009/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ノベル、ID追跡機能を強化したSIEM製品新版
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
JMAS、撮影データを暗号化送信するスマホ向けカメラアプリ
デル、DRMソリューション「Dell Data Protection | Secure Lifecycle」をリリース