Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス

イエラエセキュリティは、ウェブメールやクラウドストレージの利用企業向けに、CPUレベルの実行フローによってマルウェアを検出する入口対策サービスを提供開始した。

「新種マルウェア対策支援サービス」は、「G Suite」「Microsoft 365」といったメールサービスをはじめ、クラウドストレージサービス「OneDrive」「SharePoint」、オンライン会議システム「Zoom」「Teams」に対応したSaaS型マルウェア対策サービス。

イスラエルBitDamのソリューションを活用しており、クラウドサービスとAPIで連携。メールのサーバ到着時やクラウドストレージでのファイル保存時、メッセージ受信時などにBitDamのサーバ上でファイルのスキャンを実施する。

具体的には、サーバ上の実行結果と、ホワイトリストにあらかじめ登録された数百万件のアプリケーションにおけるCPUレベルの正常な実行フローを比較することで不正なプログラムを検知する。

Windows向けの実行ファイルにくわえて、「Officeファイル」や「PDF」「HTML」「RAR」「ICS」「zip」「JavaScript」といったファイル形式に対応。マクロを利用したマルウェアや、難読化、ドロップされるペイロードの監視も行える。macOSやLinux、Androidなどのアプリケーションには対応していない。

同社は多層防御における入口対策として同製品を展開していく計画で、年額利用料は、1アカウントあたり4440円から。50アカウントからの導入となる。今後2020年末までに、ユーザーがパスワードを入力することで、パスワードが設定されたzipファイルの検査にも対応する予定だという。

(Security NEXT - 2020/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足