Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ASP型PC監視サービスを開始 - Winny起動で即日レポート

大塚商会は、クライアントPCの操作履歴を24時間体制で監視するセキュリティサービス「ASPクライアントパトロール」を提供開始した。

同サービスは、綜合警備保障(ALSOK)との業務提携により実現した監視サービス。綜合警備保障の情報警備監視センターにおいて、クライアントPCの操作履歴をフルタイムで監視する。

ファイル共有ソフトの起動や外部メディアへのファイルコピーなど、情報漏洩のリスクが高い操作を検知した場合に緊急レポートを提供。また、収集したログを分析したレポートを、四半期に1回作成する。

導入支援が必要な場合には、大塚商会がオンサイトで対応。有償でモジュールのインストール支援や、設定票の記入代行を行う。価格は、1クライアントあたり初期費用が1323円。サービス費用が年額1万5876円。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開