Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年は再び不特定多数を狙った攻撃が活発に - トレンドマイクロが予測

トレンドマイクロは、2009年におけるインターネット上の脅威に関する動向について、ここ数年減少傾向にあった不特定多数を対象とした攻撃が再び増加する可能性があるとの見方を示した。

同社が2008年に観測したマルウェアの状況や2009年の展望などをとりまとめ、都内で報道関係者を対象に「ウェブからの脅威」と題したセミナーを実施し、明らかにしたもの。

同社のスレットモニタリングセンターにてマネージャーを務める平原伸昭氏は、2008年の動向について、USBメモリ経由で感染を広げるマルウェアの増加や正規サイト経由によるマルウェアの配布、オンラインゲームを対象とした攻撃など、ウェブ経由の攻撃が多様化し、手口が巧妙かした1年だったと振り返った。

090106tm1.jpg

スレットモニタリングセンターのマネージャーを務める平原伸昭氏

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
不正送金マルウェアが16.8倍と急増 - 侵入経路の大半が「メール」
「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に
「ダウンローダー」が約3倍に - マルウェア侵入経路の96%が「メール」
一部国内のNASやEMSがサイバー攻撃の踏み台に - ビデオレコーダー利用者も注意を