Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、15種類の不具合を解消した「Mac OS X v10.5.6」を公開

米Appleは、「Mac OS X」などにおける複数の脆弱性を解消した「Mac OS X v10.5.6」や「Apple Security Update 2008-008」を公開した。

今回のアップデートでは、ローカルユーザーがシステム権限を取得する可能性があるカーネルの脆弱性をはじめ、攻撃者により細工されたウェブサイトを閲覧した場合にユーザーの証明書情報が流出するおそれがある「CoreServices」の問題を解消した。

さらに悪意を持って作成された画像を表示した場合にバッファオーバーフローが発生し、不正なコードが実行される「CoreGraphics」の脆弱性のほか、「CPIOアーカイブファイルの処理」「Apple Type Servicesサーバ」「BOM」「CoreTypes」「Flash Playerプラグイン」「Libsystem」「network_cmds」「Podcastプロデューサー」「UDF」などに存在する15種類の不具合へ対応している。

影響を受けるのは、「Mac OS X 10.5.5」「Mac OS X 10.4.11」「Mac OS X Server 10.5.5」「Mac OS X Server 10.4.11」で、以前のバージョンも含まれる。アップデートはMacのシステム環境設定の「ソフトウェアアップデート」や、同社「サポートダウンロード」のページから入手できる。

About the security content of Security Update 2008-008 / Mac OS X v10.5.6
https://support.apple.com/kb/HT3338?locale=ja_JP

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2008/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定
「KRACK」をはじめ148件の脆弱性を修正 - Apple
Apple、キーチェーンのパスワードが漏洩する脆弱性へ対処
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用