Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むPCが空き巣被害 - 愛媛大学

愛媛大学法文学部人文学科の研究室が空き巣被害に遭い、学生の個人情報が保存されたパソコンが盗まれた。

被害に遭ったパソコンには、学生24人の氏名、住所、メールアドレスのほか、最大で10人分のメールアドレスが保存されていた。また、卒業生最大6人と名誉教授最大25人の氏名や住所も含まれる。

12月4日朝、教員が同研究室に出勤したところ、室内が荒らされパソコンが何者かに持ち去られていたという。情報の不正利用は確認されていない。同大では被害届を提出し、関係者に対して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報記載の資料が車上荒らしで盗難 - 大和ハウスグループ会社
保健所公用車が車上荒らし被害、動物の苦情処理簿を紛失 - 三重県
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券