Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの脆弱性、全バージョンに影響 - MSがアドバイザリを更新

マイクロソフトは、今月11日に「Internet Explorer 7」に関する脆弱性についてアドバイザリを公開したが、内容を更新し、サポート中の全バージョンに影響があることを明らかにした。

脆弱性が含まれるのは、「Internet Explorer 5.01 Service Pack 4」「Internet Explorer 6 Service Pack 1」「Internet Explorer 6」「Internet Explorer 8 Beta 2」。同社によれば、不正なウェブサイトへ誘引することで脆弱性を攻撃された場合、ユーザー権限を奪取されるおそれがある。

Windows Vistaを利用している場合は、「IE 7」や「IE 8 Beta」を保護モードにで利用した場合、リスクを抑えることが可能だという。同社では調査を進めており、セキュリティ更新プログラムの提供など対策を実施する予定。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (961051)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/961051.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開