Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブの危険をリアルタイムで評価するサービス - セキュアブレイン

セキュアブレインは、ウェブサイトやプログラムの危険性を確認できる個人向け無料サービス「gred」のベータ版を公開した。

同サービスは、リアルタイムにウェブサイトの情報を取得し、セキュリティ上の問題がないか診断するサービス。フィッシング詐欺サイトや改ざんによりウイルス感染のおそれがあるサイトなど、危険なサイトを検知できる。

同サービス上のウェブサイトよりURLを入力するとウェブサイトを解析し、安全であるか診断することが可能。ブラウザのブックマークから気軽に利用できる「ブックマークレット」も利用できる。

さらに不正プログラムのチェック機能を用意。解析対象となるプログラム送信すると、解析プログラムがマルウェアであるか、さらに作成するファイルやレジストリ、挙動などをレポートとして提供する。

同社によれば、プログラムの解析は隔離された仮想環境で実際に動作させ、プログラムの挙動を確認するため、未知のマルウェアにも対応するという。

gred
URLを送信することでウェブサイトの安全性を確認できる「gred」

(Security NEXT - 2008/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
イー・ガーディアン、「反社チェックサービス」を提供
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス