Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のマルウェア被害、上位10位はトロイの木馬が独占 - アンラボまとめ

アンラボは、同社「AhnLab Security Emergency response Center」が10月に報告を受けたマルウェア被害状況について取りまとめ、発表した。

レポートによれば、10月の被害件数は2995件で、今年に入って初めて2000件台まで減少した。しかし米国の大統領選挙やクリスマスなどの年末イベントに関連したスパムの増加が予想されるため、引き続き警戒が必要な状況が続くという。

上位10種類が全体に占める割合は7.6%と低く、9月より10.2%から減少。悪性コードが多種にわたって配布されるなど攻撃が分散化が進んでいる。また上位10種類を独占するなど、トロイの木馬の活動が活発だった。なかでも目立ったのは「Win-Trojan/Autorun.250651」で、被害が9月から倍増し、2位にランクインしている。

ウェブサイトの被害状況を見ると、「MS08-041 Microsoft Access Snapshot Viewer」の脆弱性を利用した悪性コードの挿入が発見されている。同社がまとめた被害統計のトップ10は以下のとおり。

1位:Win-Trojan/Bagle.858628
2位:Win-Trojan/Autorun.250651
3位:Win-Trojan/Agent.137728.AN
4位:Win-Trojan/Agent.73728.JC
5位:Win-Trojan/Agent.80384.AL
6位:Win-Trojan/OnlineGameHack.22016.BD
7位:Win-Trojan/XPack.36864
8位:Win-Trojan/Tervemoy.86016.B
9位:Win-Trojan/Agent.75264.AX
10位:Win-Trojan/OnlineGameHack.170376

(Security NEXT - 2008/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍