Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースの脆弱性評価に特化した新製品 - フォーティネット

フォーティネットジャパンは、データベースの脆弱性評価を行う中規模事業者向けアプライアンス製品「FortiDB-1000Bアプライアンス」を発表した。

同製品は、パスワードやアクセス権限、設定上の問題など、データベースの脆弱性を特定できるセキュリティソリューション。システム管理者へ問題点の警告や改善策の提供など行うことができる。「Oracle」「DB2」「Sybase」「SQL Server」など幅広いデータベースに対応。1台で30件のデータベースを管理できる。

同社では、大規模運用をしている事業者向けにソフトウェアの提供も行う。さらに2008年末から2009年にかけてローエンドやハイエンド向けにもデータベース対策製品をリリースする予定。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応