Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スリープロとトレンドマイクロがPCサポート分野で協業

スリープログループは、セキュリティ対策ソフトのPCサポート分野でトレンドマイクロと協業したと発表した。

トレンドマイクロでは、9月10日にセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター2009」を発表し、保険とユーザーサポートを提供する新ラインナップを追加したが、今回の協業通じてサービスを実現したという。

スリープログループでは、子会社のJPSSを通じてユーザーに対してコンタクトセンターによるサポートを展開し、パソコンやインターネット利用のトラブルなど、同製品以外についても電話やメールで対応する。

(Security NEXT - 2008/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応