Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スリープロとトレンドマイクロがPCサポート分野で協業

スリープログループは、セキュリティ対策ソフトのPCサポート分野でトレンドマイクロと協業したと発表した。

トレンドマイクロでは、9月10日にセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター2009」を発表し、保険とユーザーサポートを提供する新ラインナップを追加したが、今回の協業通じてサービスを実現したという。

スリープログループでは、子会社のJPSSを通じてユーザーに対してコンタクトセンターによるサポートを展開し、パソコンやインターネット利用のトラブルなど、同製品以外についても電話やメールで対応する。

(Security NEXT - 2008/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化