Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Stormボットネット以来の強烈な攻撃が発生 - フォーティネットレポート

フォーティネットジャパンは、同社セキュリティ対策製品が7月21日から8月20日までに検知したマルウェアの統計をとりまとめ、公表した。

同社によれば上位10種類中、半数が新たにランキングしたマルウェアで、トップの「W32/Multidr.JD!tr」や、続く「HTML/Agent.HFZ!phish」など上位に食い込んだ。

いずれも偽セキュリティ対策ソフトに関連したマルウェアで「W32/Multidr.JD!tr」については1日の活動のみで月間トップとなり、「Stormボットネット登場以来の強烈な攻撃」だったという。

定番となっている「W32/Netsky!similar」は3位。上位ランクに常連となっている「W32/Virut.A」も5位をキープしている。7位の「W32/Agent.KG」は、日本などでも活動が目立った。

また、亜種などマルウェアのファミリーごとのランキングでは、前回2位だった「Netsky」が再び1位に返り咲き、前回トップだたオンラインゲームユーザーを狙う「OnlineGames」は2位だった。

ワーム「Mytob」「Pushdo」は、個別のランキングではトップ10圏外となったものの、ファミリー別のランキングではそれぞれ3位、5位と活発は続いており同社では注意を呼びかけている。

同社がまとめたマルウェアのトップ10、およびはマルウェアファミリートップ5は以下の通り。

マルウェア

1位:W32/Multidr.JD!tr
2位:HTML/Agent.HFZ!phish
3位:W32/Netsky!similar
4位:JS/Agent.WMA!tr.dldr
5位:W32/Virut.A
6位:JS/Iframe.DR
7位:W32/Agent.KG!tr 3.36
8位:HTML/Iframe.DN!tr.dldr
9位:HTML/Iframe_CID!exploit
10位:W32/Agent.HKR!tr

マルウェアファミリー

1位:Netsky
2位:OnlineGames
3位:MyTob
4位:Virut
5位:Pushdo

(Security NEXT - 2008/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加