Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Stormボットネット以来の強烈な攻撃が発生 - フォーティネットレポート

フォーティネットジャパンは、同社セキュリティ対策製品が7月21日から8月20日までに検知したマルウェアの統計をとりまとめ、公表した。

同社によれば上位10種類中、半数が新たにランキングしたマルウェアで、トップの「W32/Multidr.JD!tr」や、続く「HTML/Agent.HFZ!phish」など上位に食い込んだ。

いずれも偽セキュリティ対策ソフトに関連したマルウェアで「W32/Multidr.JD!tr」については1日の活動のみで月間トップとなり、「Stormボットネット登場以来の強烈な攻撃」だったという。

定番となっている「W32/Netsky!similar」は3位。上位ランクに常連となっている「W32/Virut.A」も5位をキープしている。7位の「W32/Agent.KG」は、日本などでも活動が目立った。

また、亜種などマルウェアのファミリーごとのランキングでは、前回2位だった「Netsky」が再び1位に返り咲き、前回トップだたオンラインゲームユーザーを狙う「OnlineGames」は2位だった。

ワーム「Mytob」「Pushdo」は、個別のランキングではトップ10圏外となったものの、ファミリー別のランキングではそれぞれ3位、5位と活発は続いており同社では注意を呼びかけている。

同社がまとめたマルウェアのトップ10、およびはマルウェアファミリートップ5は以下の通り。

マルウェア

1位:W32/Multidr.JD!tr
2位:HTML/Agent.HFZ!phish
3位:W32/Netsky!similar
4位:JS/Agent.WMA!tr.dldr
5位:W32/Virut.A
6位:JS/Iframe.DR
7位:W32/Agent.KG!tr 3.36
8位:HTML/Iframe.DN!tr.dldr
9位:HTML/Iframe_CID!exploit
10位:W32/Agent.HKR!tr

マルウェアファミリー

1位:Netsky
2位:OnlineGames
3位:MyTob
4位:Virut
5位:Pushdo

(Security NEXT - 2008/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱