Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策ソフトの定義ファイルが間に合わない「ゼロアワー攻撃」が増加

G DATA Softwareは、7月から8月にかけてセキュリティ対策ソフトの定義ファイルでは対応に遅れが出る「ゼロアワー攻撃」が日本国内で急増したとして注意を呼びかけている。

同社によれば、1日に複数の新種ウイルスが発生する状況がある一方、定義ファイルへの反映は最短30分、長くて数日必要となることから、定義ファイルでリアルタイムに対応することが難しい状態になっているという。

こうした「ゼロアワー攻撃」の発生は、2008年前半に海外で50件、多いときで100件弱、国内でもひと桁だったが、7月に海外で238件が発生し、国内でも11件と2桁台を記録。7月に激増し8月には落ち着いて下降する見込みだが、日本国内では8月も増加傾向が続き、警戒が必要だという。

攻撃は英文によるものが主流だが、発生件数の増加により国内でも被害が出る可能性があるとして、同社では、定義ファイルによる対応だけでは不十分とし、「ゼロアワー攻撃」へ対応したソフトウェアの利用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移