Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

設定済みのマカフィー製アプライアンスを提供するパッケージ - SCS

住商情報システムは、事前にユーザー環境に合わせて設定を行ったスパム対策製品を提供する「McAfee スパムフィルタークイックパック」を9月1日より発売する。

同製品は、ウイルスやスパム対策機能を搭載したマカフィーのアプライアンスサーバ「McAfee Email and Web Security Applianceシリーズ」を用いたパッケージ。同パッケージでは、IPアドレスなど基本的な10項目をユーザーからヒアリングし、設定済みの製品を納入するため、管理者の負担を軽減できる。

また、同パッケージオリジナルの「準備と設置」「スパム対策設定変更方法」「もしもの時の為に」など、マニュアルや初期設定復旧用のCD-ROMを添付した。価格は99万7500円から。

(Security NEXT - 2008/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン