Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10

A10ネットワークスは、DDoS対策用仮想アプライアンス「A10 vThunder TPS」を発表した。6月までを目安に提供開始する。

同製品は、DDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder TPS」の仮想アプライアンス。KVMやVMware ESXi、Microsoft Hyper-Vなどに対応している。

8台までのクラスタ構成が可能で、仮想アプライアンス1台あたり最大100Gbps、最大800Gbpsまで段階的に拡張できるという。

帯域幅を共有できるサブスクリプションライセンスにより提供。必要に応じてライセンスの帯域幅の拡張や、他接続拠点への再割り当てできる。

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化