Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED

東京エレクトロンデバイスは、リモートアクセス向けの認証製品とハイパーコンバージドインフラストラクチャを組み合わせた「F5 APM on Nutanix」を提供開始した。

同ソリューションは、F5 Networksのアクセス管理製品「F5 APM(Access Policy Manager)」の仮想アプライアンスをNutanix製のハイパーコンバージドインフラストラクチャにプレインストールしたソリューション。

価格は、681万円から(税抜き)。同社では、テレワークの利用拡大を受けて増加するリモートアクセス認証システムの需要に向けて同ソリューションを展開していく。「F5 APM」については別途ライセンスの購入が必要。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化