Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求書や配送情報を装ったウイルスがメールでまん延 - ソフォスレポート

ソフォスは、2008年7月のウイルス状況を取りまとめ、「メールウイルストップ10」として発表した。請求書や配送情報を装った添付ファイルで感染させるウイルスが上位にランクインした。

同社によれば、7月は請求書を装ってユーザーを騙し、添付ファイルを開かせようとするメールウイルスが多数出現しており、3位の「Troj/Invo」、9位の「Troj/Spy」、10位の「Mal/Spy」などランキングを賑わせた。また大手宅配サービス会社の配達状況案内を装ったファイルとして多く配信されたという。

また、過去に流行したウイルスが、イベントに便乗して再度配信されるケースも見られた。トップ10には入らなかったが、2007年1月に大流行した「Troj/Dorf」が、アメリカ独立記念日に関するコンテンツを装って現れたのが確認されたという。

同社が7月に検知したメールウイルスのトップ10は以下のとおり。

1位:Troj/Agent
2位:W32/Netsky
3位:Troj/Invo
4位:Troj/MDrop
5位:Mal/EncPk
6位:Troj/PushDo
7位:Mal/Iframe
8位:W32/Mytob
9位:Troj/Spy
10位:Mal/Spy

(Security NEXT - 2008/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増