Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の成績含む未許可のUSBメモリを紛失 - 神奈川県立高校

神奈川県教育委員会は、生徒の個人情報や成績などが記録されたUSBメモリを、県立厚木東高等学校の教諭が紛失したと発表した。

所在不明となっているメモリには、のべ149人分の氏名、クラス名、出席番号のほか、教諭が担当している2科目の成績、担任しているクラスの座席表なども含まれていた。また教諭が2007年に担当した生徒195人の成績が保存されていたが、氏名は削除されていたという。

同教諭は7月17日、メモリを鞄に入れて帰宅。翌日出張へ鞄を持参し、同日午後に同校へ出勤したが鞄の中を確認したところ、メモリがなくなっていたという。自宅や出張先を探したが見つからず、8月4日になって事態を報告した。

同教諭は、USBメモリの使用やデータの持ち出しについて許可を得ておらず、パスワードなどセキュリティ対策も実施していなかった。同校では、保護者に対し謝罪文書を送付するとともに、説明会を開催して対応する。同県教委では、県内学校におけるUSBメモリの管理や個人情報の扱いに関する指導徹底を図るという。

(Security NEXT - 2008/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院