Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、小学校などを対象としたインターネットの安全活用に関する啓発活動を強化

マイクロソフトは、小学校や家庭などを対象としたインターネットの安全活用に関する啓発活動を強化した。教育サイトのコンテンツを刷新し、サイトで提供しているコンテンツをまとめたキットを無償で提供する。

今回の啓発活動強化は、「安心・安全なインターネット環境の実現」の一環として実施されるもの。同社が2008年2月から公開している小学校教職員やPTA、NPO向けの情報モラル教育サイト「マイクロソフトインターネット安全教室」のコンテンツをリニューアルした。

同サイトでは基本編と応用編に分けて、ネットを利用する際のルールやPCの安全な設定を解説しており、指導者向けの基礎学習資料として利用できる。

また同サイトで提供しているコンテンツにくわえ、啓発ポスターなどのデータなどを収録したキットを、2008年12月より国内の小学校に無償で提供する予定で、ネットに接続できない環境での情報モラル教育についても支援を進める。

(Security NEXT - 2008/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍