Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載書類を関係ない労働事務組合へ誤交付 - 群馬労働局

群馬労働局は、個人情報を記載した労災関連書類の誤交付が発生したと発表した。

前橋労働基準監督署が6月4日、労災保険特別加入時の健康診断に関する書類を交付する際、事業所が業務を委託した労働保険事務組合とは別の組合へ交付したもの。誤交付した書類には代表者や労働者の氏名などが記載されていた。

誤って交付を受けた労働保険事務組合の指摘によりミスが判明し、同監督署では謝罪した上で文書を回収。また事業者や本来交付する労働保険事務組合を訪問して事情を説明、謝罪した。

また全職員に対して事故経過を説明、交付時に内容や枚数、宛先を複数で確認するよう指導。群馬労働局でも全職員へ経過報告を行い、再発防止に向けて管理の徹底を指示したという。

(Security NEXT - 2008/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

岩手県内2労基署で個人情報含む文書を紛失
登録者情報が外部流出、従業員の持出で - スタッフサービス
セミナー申込フォームに設定不備、個人情報が流出 - 雇用人材協会
保存すべきアスベスト関連文書2万件を誤廃棄
永久保管アスベスト関係文書を誤って廃棄 - 大阪労働局
セミナー参加者への案内メールで誤送信 - 東京都
個人情報記載の労災保険関連書類を紛失 - 京都労働局
個人情報含む行政文書を保存期限の1カ月前に誤廃棄 - 鳥取労働局
個人情報漏洩で職員を懲戒免職処分に - 神奈川労働局
求職者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 愛知県のハローワーク