Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの自動暗号化ソリューションがPDFへ対応 - エントラスト

エントラストジャパンは、メール暗号化ソリューション「Entrust Entelligence Messaging Server 9.1」を発売した。

同製品は、送信するメールを自動的に暗号化して送信できるセキュリティアプライアンス。暗号化方式に従来より採用している「S/MIME」「OpenPGP」に加え、最新版では暗号化PDFをサポート。またメール本文のキーワードなど、より詳細な暗号化ルールを設定することが可能となった。

さらにスパムメールやフィッシングメールなどの迷惑メール対策として利用される送信ドメイン認証技術「DomainKeys Identified Mail」に対応。ウェブメールにより暗号化メールを受信、開封した際に確認メールを送信したり、古いメッセージを削除するクリーンアップ機能を追加するなど、機能を強化した。

エントラストジャパン
http://www.entrust.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県