Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エージェントレスタイプの監視製品を機能強化 - コムスクエア

コムスクエアは、サーバやネットワークの監視ツールの最新版「パトロールクラリス Ver3.1.1」を発表した。

同製品は、エージェントレスでサーバやネットワーク機器の死活やリソースの状況をはじめ、コンテンツの改ざん、ログの監視が行えるネットワーク監視ソリューション。

最新版では、ログ監視機能を強化しており、TRAP監視の正規表現対応など従来よりも詳細な情報で監視することができる。サイズの大きなログへ対応したほか、DNS逆引きに対応することで、IPアドレスによるDNS監視が可能。サーバの監視能力を向上させたほか、CPU監視にも対応している。

さらに監視機能の操作性を向上させるため、タグ機能を追加。監視グループを2階層で管理できるようになった。またユーザー使用上限なども設定できる。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン