Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共有ファイルを暗号化し、暗号鍵を一元管理できる新製品 - エントラスト

エントラストジャパンは、共有ファイルを暗号化し、暗号鍵の一元管理を実現した「Entrust Entelligence Group Share」の販売を開始した。

同製品は、共有ファイルを暗号化することで外部への情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。「グループ鍵暗号化方式」により、ユーザーグループ単位で暗号化や復号化に用いる鍵を一元管理が可能。ユーザーの追加や削除、権限の変更時にも、ファイルを再度暗号化する必要がない。

暗号化は、ファイルを「暗号化フォルダ」へ移動させるだけよく、暗号化後もファイルの拡張子やアイコン、ファイル名などが変わらないため、ユーザーは暗号化を意識せず普段通りファイルを利用することが可能。

また一度暗号化されたファイルは、USBメモリやほかの端末に移したり、メールで送信しても暗号化された状態が保たれる。オンラインユーザーに対しては、利用ごとにユーザー認証や復号鍵を付与するが、復号鍵を有効期限を決め、キャッシュすることでオフラインでも利用できる。

Entrust Entelligence Group Share

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業