Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク利用者約200万人にKaspersky製品を無償提供 - 英Barclays銀

英Barclays銀行は、オンラインバンキングユーザーへKasperskyのセキュリティ対策ソフト「Kaspersky Internet Security」を無償で提供する。

同行では、2年前からウイルス対策ソフトを預金者へ提供していたが、ウイルスだけでなくスパイウェアやスパムなどインターネット上の脅威が多様化していることを受け、同ソフトを採用した。対象となる預金者は約200万人に上るという。

提供されるライセンスは市販製品と同様のもので、家族が利用するPCでも利用できるよう3台分のライセンスを提供される。オンラインバンキングの利用者はウェブサイト上から無償でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2008/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
DNP、マイナンバーカードのデータ取得用ミドルウェアを開発
スマホフリック操作でネットバンクの操作を制限 - 三井住友銀ら
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
なりすましメール防止の「安心マーク」、地方自治体が初導入
日立、FinTechへ金融機関の認証情報提供が不要となるAPI連携サービス
スマホから開設できる印鑑レス口座をスタート - 三菱東京UFJ銀