Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSプロトコルに問題、広範囲のDNSサーバに脆弱性見つかる

DNSプロトコル上の問題から多くのDNSサーバに「DNSキャッシュポイズニング」の脆弱性があることがわかった。US-CERTをはじめ、各セキュリティ機関などは注意を呼びかけ、一部ベンダーもパッチの提供を開始している。

今回見つかった脆弱性は、DNSプロトコルにおけるクエリIDの管理に起因するもの。DNSサーバがキャッシュサーバとして動作する場合に利用するポートが固定されていると、総当たりによりクエリIDを予測されて、攻撃を受けるおそれがある。

「DNSキャッシュポイズニング」では、第三者が実際の情報とは異なるDNS情報を流通させ、不正サイトへ誘引するといった攻撃が行われる可能性がある。BINDをはじめ、MicrosoftやCisco、Juniperなど各社製品において広範囲に影響を及ぼしている。

マイクロソフトは、9日に公開した一部月例セキュリティプログラムで脆弱性へ対応し、ポートをランダムに割り当てるといった対策が行われた。またBINDもパッチを公開している。またUS-CERTではDNSサーバに対する外部からのアクセスの制限など対策を実施するよう呼びかけた。

Multiple DNS implementations vulnerable to cache poisoning
http://www.kb.cert.org/vuls/id/800113

複数のDNSサーバ製品におけるキャッシュポイズニングの脆弱性
http://www.jpcert.or.jp/at/2008/at080013.txt

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性