Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメーターの個人情報公開で対応を検討 - JAniCA

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)は、アニメ制作関係者の個人情報を含むファイルがインターネット上へ公開された問題で、実態把握のため対応を検討していると発表した。

問題となっているファイルは、アニメ制作会社であるボンズの関係者の情報として公開されたが、中傷する内容なども含まれており、同社では内部ファイルの存在を否定。第三者による名誉毀損行為との見解を示している。

同協会では今回の事態を受け、アニメーターや演出家からリスト内にデータが含まれているかメールで問い合わせに応じるほか、会員、非会員問わず関係者に対して協力を求めている。

日本アニメーター・演出協会
http://www.janica.jp/

(Security NEXT - 2008/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍