Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメーターの個人情報公開で対応を検討 - JAniCA

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)は、アニメ制作関係者の個人情報を含むファイルがインターネット上へ公開された問題で、実態把握のため対応を検討していると発表した。

問題となっているファイルは、アニメ制作会社であるボンズの関係者の情報として公開されたが、中傷する内容なども含まれており、同社では内部ファイルの存在を否定。第三者による名誉毀損行為との見解を示している。

同協会では今回の事態を受け、アニメーターや演出家からリスト内にデータが含まれているかメールで問い合わせに応じるほか、会員、非会員問わず関係者に対して協力を求めている。

日本アニメーター・演出協会
http://www.janica.jp/

(Security NEXT - 2008/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管