Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通四国システムズ、PCセキュリティ診断ソフトの機能を強化 - メールソフトの設定もチェック

富士通四国システムズは、パソコンのセキュリティ対策状況を診断できるソフトウェアの最新版「DOEXPRESS Security V3.0」を提供開始した。

同製品は、OSやパスワードの設定状況、ウイルス対策、WinnyやShareといったファイル共有ソフトの利用状況など、PCにおけるセキュリティ対策状況を診断するソフトウェア。イントラネット版とASP版が用意されている。

最新版では、システム管理者が指定したソフトのインストール状況や、「Outlook Express」などメールソフトの設定状況、スタンバイモードから復帰際のパスワード設定など、新たな診断機能を追加。また対応ウイルス対策ソフト診断機能では、トレンドマイクロやマカフィー、シマンテック製品など主要6製品をあらたにサポートした。

DOEXPRESS Security V3.0

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア