Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通四国システムズ、PCセキュリティ診断ソフトの機能を強化 - メールソフトの設定もチェック

富士通四国システムズは、パソコンのセキュリティ対策状況を診断できるソフトウェアの最新版「DOEXPRESS Security V3.0」を提供開始した。

同製品は、OSやパスワードの設定状況、ウイルス対策、WinnyやShareといったファイル共有ソフトの利用状況など、PCにおけるセキュリティ対策状況を診断するソフトウェア。イントラネット版とASP版が用意されている。

最新版では、システム管理者が指定したソフトのインストール状況や、「Outlook Express」などメールソフトの設定状況、スタンバイモードから復帰際のパスワード設定など、新たな診断機能を追加。また対応ウイルス対策ソフト診断機能では、トレンドマイクロやマカフィー、シマンテック製品など主要6製品をあらたにサポートした。

DOEXPRESS Security V3.0

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY