Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメ製作会社のボンズが社内情報の漏洩を否定

アニメ製作会社のボンズは、インターネット上で公開された同社スタッフの個人情報を含むファイルについて社内からの情報漏洩を否定した。

問題となっている事件は、スタッフの一覧が含まれるファイルが、6月に複数のアップローダー上で公開されたもので、掲示板などにおいてさまざまな憶測を呼んでいる。同社では、同様の形式のファイルは社内に存在していないと説明、内部情報の流出を否定した。

公開されているファイルには、スタッフの評価や中傷する内容が含まれていることから、同社では第三者がスタッフの名誉や同社の信用毀損などを目的に作成したものと結論付けており、アップロードした人物を特定した上で厳正な対応を行うという。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
高校生の約9割、SNSへの個人情報掲載が危険と認知
事故の前に対策を - マイナンバーの「ヒヤリハット」
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
ALSI、クラウド型フィルタリング製品のスマホ対応を強化
掲示板プログラムに任意のファイルを作成される脆弱性
日本語対応ランサムウェア「法律違反、30万円払え」と脅迫
ランティスのサイトに不正パワポファイル - 脆弱性攻撃の踏み台に
学生や卒業生の個人情報含むHDDが盗難 - 大阪府立大工業高専