Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

決済サービスで「入金完了メール」を再送信する不具合 - PLAYSTATION Network

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PLAYSTATION Networkの決済サービス「ウォレット」において、入金を通知するメールの誤送信が発生したと発表した。

同社によれば、6月25日から翌26日にかけてシステムの不具合により、以前チャージを完了した際に送信したメールを、再度送信する問題が生じたという。

今回発生した事故の影響は、メールの誤送信に限られ、追加課金や個人情報漏洩などは発生していないと同社では説明。詳しい原因を調べており、再発防止を目指す。またメールを送信した顧客の特定を進めており、メールで今回の不具合について説明する。

ソニー・コンピュータエンタテインメント
http://www.scei.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト